人気ブログランキング |

コルテックス細胞の中にある「マクロフィブリル」は髪を形づくる骨組み部分です。

e0184077_14323406.png


〇マクロフィブリルはコルテックス細胞の約40~45%を占めています。

〇マクロフィブリルは、数個~数十個のミクロフィブリル(硬い繊維状ケラチン)と間充物質からできています。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用

by imagine-akiyama | 2019-06-16 19:48 | 髪の毛について

今日はコルテックス細胞をうめている「間充物質」。
この部分はヘアカラーやパーマにとても関係が深い部分です。

e0184077_14330531.png


〇間充物質には、間充物質①(マトリックスタンパク)と間充物質②(非ケラチンタンパク)の2種類があります。

〇間充物質はマクロフィブリルの間をつなぐもので、コルテックス細胞の約55~60%を占めます。

〇間充物質はフィブリルに比べて軟らかいのが特徴で、化学反応を受けやすく、パーマやヘアカラーなどの薬剤が作用する場所です。

〇間充物質が髪に弾力やしなやかさを与えています。

〇間充物質がなくなるとツヤやうるおいがなくなります。また、パーマがかかりにくかったり、ヘアカラーの色が落ちやすくなったりします。


「マクロフィブリル」については、次回。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
by imagine-akiyama | 2019-06-14 23:26 | 髪の毛について

次は、あまり聞きなれない「コルテックス」。髪のしなやかさや強さを生み出すもとです。

e0184077_14243581.png


〇コルテックスは髪の85~95%を占める、とても大切な部分です。

〇コルテックスには、コルテックス細胞のほか、 髪の色を決めるメラニンも、含まれています。

〇1つのコルテックス細胞は「マクロフィプリル」と「間充物質」というものからできています。

〇コルテックス細胞同士はCMCというもので接着されています。


「間充物質」については、次回。



※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
by imagine-akiyama | 2019-06-12 22:23 | 髪の毛について

頭皮と毛根の構図

髪の毛が頭皮からどのように生えているのか、拡大図を通してご紹介します。

e0184077_13591799.png


毛細血管を通って髪に栄養分が運ばれます。スキャルプケアはこの毛細血管が活性化されることが重要です。

皮膚の部分、毛根部や白髪に関係するメラノサイトはまた後日書きます!


※DEMI 知って得する!髪と頭皮の情報 より引用
by imagine-akiyama | 2019-06-06 22:16 | 髪の毛について

髪の毛についてvol.1

本日もIMAGINE梅田店にご来店頂き、ありがとうございます。

やっと髪の毛について書いていきます!

ほんとは今日も違う事を書く予定でしたが

それは後に回して。。。


まずは

髪の毛一本についてお話を。

髪の毛は、ケラチンタンパク(18種類のアミノ酸で構成されてます。)というタンパク質で出来てます。

ちなみに、爪も同じようにケラチンタンパク

皮膚はコラーゲンタンパクです。


e0184077_011245.jpg



髪の毛の根元に

「毛球」という所があって

抜けた髪の毛をみたら根元にあるポチッと膨らんでるとこです。


その先端にある「毛乳頭」に毛細血管から栄養が運ばれ

中にある「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返し、髪の毛が伸びていきます。


ちなみに、そこにはメラノサイトというメラニンを作る細胞があり、白髪の原因となる細胞です。

それに関しては後日!



というわけで

次回の「髪の毛についてvol.2」は

ヘアサイクルをお伝えします!



facebook IMAGINEのHP 【 IMAGINE natural hair&make 】 はコチラ↓

IMAGINE natural hair&make facebook
毎日美容の情報をお届けします!

IMAGINEのHPはコチラ↓

http://www.imagine-hair.com
by imagine-akiyama | 2016-01-29 00:05 | 髪の毛について