人気ブログランキング |

髪の性質

髪の性質のまとめです。


太さ・・・約50~100μm
     ※μm=マイクロメートル(ミクロン) 1000分の1mmのこと

本数・・・10万本前後(全体で)

水分・・・11~13%

脂質・・・1~6%

主成分・・・ケラチンタンパク

pH・・・4.5~5.5(弱酸性)

化学作用・・・酸に強く、アルカリに弱い(パーマ・ヘアカラーで損傷)

強度・・・100~150g(コーヒーカップ1個分程度)


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
# by imagine-akiyama | 2019-06-26 20:55

タンパク質とアミノ酸

タンパク質はアミノ酸が集合してできたもの。

e0184077_14432255.png


〇髪は、18種類のアミノ酸からできています。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
# by imagine-akiyama | 2019-06-25 20:00 | 髪の毛について

髪の成分

体の一部の髪。それは一体何でできているのでしょうか。

e0184077_14374191.png

 
〇髪はタンパク質からできています。人の体もタンパク質のかたまりです。

〇髪や爪、肌の角質は、硬い性質のケラチンタンパク。

〇肌や内臓は、軟らかい性質のコラーゲンタンパク。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
# by imagine-akiyama | 2019-06-22 19:15 | 髪の毛について

髪の中の接着剤、CMC

今まで何度も出てきたCMC。髪の中のさまざまな物質をつないでいます。

では、CMCとは。

e0184077_14344256.png


〇CMCは水の出入りをコントロールしており、ヘアカラーやパーマなどの薬剤の通り道です。

〇CMCは、キューティクル同士、コルテックス細胞同士を接着しています。

〇CMCは水分を保ち、髪の栄養分の流出も防いでいます。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用
# by imagine-akiyama | 2019-06-20 20:26 | 髪の毛について

コルテックス細胞の中にある「マクロフィブリル」は髪を形づくる骨組み部分です。

e0184077_14323406.png


〇マクロフィブリルはコルテックス細胞の約40~45%を占めています。

〇マクロフィブリルは、数個~数十個のミクロフィブリル(硬い繊維状ケラチン)と間充物質からできています。


※ DEMI 知って得する!髪と頭皮の基礎知識 より引用

# by imagine-akiyama | 2019-06-16 19:48 | 髪の毛について